The Big-O

The Big-O

Robots

The Big-O

Posted By admin

“CAST IN THE NAME OF GOD , YE NOT GUILTY “
The Big-O啟動時都會顯示的一句話。The Big-O,很美式的一部動畫,分兩部,共26話,第一部跟第二部相隔了好幾年,有一說是因為第一部收視不好,本來不打算做第二部,卻因為美國人很喜歡這部動畫而把第二部給完成。

故事敘述在一個沒有記憶的都市,主角是談判專家(雖說是談判專家,可是卻很少看到他和人談判,都是駕駛機器人比較多),差不多都事先由委託人,委託羅傑去談判…比方說綁票、民眾抗議、找人..等,到後來都是主角駕著Big-O出來,痛擊敵人後解決事件。那個城市的人在四十年前的一次事件裡都失去了記憶,故事就已”記憶”為主軸來進行,偶爾有恢復記憶的人都是很強悍的。

主角的設定很像蝙蝠俠的布魯斯,一樣的三十幾歲,一樣的有錢,一樣的獨居而有一個老管家,也有人說主角的設定有像007。不過總歸來說我蠻喜歡裡面那種劇情緊湊的感覺,在主角駕駛Big-O出來後更是熱血,沉重的機械感加上痛擊敵人的快感,都是這部的特色,有機會可以去找來看看。

“Big-O, Show Time!!”


日文WIKI關於THE ビッグオー的介紹。

概要
当初の企画段階では全26話の予定であったが、諸事情により全13話に短縮されて製作、放送された。その後アメリカのCS系放送局カートゥーン・ネットワークで放映されて人気を博し、日米のファンからの評価に押される形で続編second seasonを制作。日本ではUHFアニメとして2002年10月から2003年4月まで放映(10月から12月までは第1話から第13話までのリピート放送。翌年1月から3月に放映された第14話から第26話が正式なsecond season)、アメリカでは引き続きカートゥーン・ネットワークで放映された(後年日本のカートゥーン・ネットワークでも放送した)。

アメリカで人気が出た事からも分かるように、桑田二郎など日本のオールド・コミック風にプラスして往年のアメリカン・コミックやカートゥーンを彷彿とさせる、スタイリッシュな画風が印象的な作品である。

謎に包まれた世界への明確な説明も無く、主要な登場人物の過去や正体については最後まで曖昧なままで伏線の回収もなされたとは言えないが、当時のアニメとしてよくあるパターンで終結させているとも言える。

ちなみにタイトルの由来は、スーパーバイザーであるさとうけいいちが小学生時代に学級新聞に載せていた4コマ漫画に登場したロボットの名前。当初は仮のタイトルとしてつけられていて、片山一良監督参画後「クロムガンナー」に決定しそうになったが、さとうけいいちの提案により1998年8月の企画書段階では「クロムガンナービッグ・オー」に。正式タイトルが決定したのは1999年6月のことである。

ストーリー
今から100年後、かつてマンハッタンと呼ばれていた『記憶を失った街』パラダイム・シティ。この街の住人は、40年前に起きた“何か”によって、パラダイムシティを残し他全ては死滅、そしてそれまでの記憶(メモリー)を―その“何か”に関する事も含めて―全て失っていた。しかしメモリーは、時に思わぬ形でその姿を表す。

主人公のロジャー・スミスは、凄腕のネゴシエイターとしてパラダイム・シティで仕事をしている。

過去の記憶を失って40年、ようやく再建されはじめた街の法秩序は完全ではなく、ネゴシエイションを必要とする場面は多い。だがしかし、そんな街において交渉だけで事が済む場合は少なく、暴力に訴えてくる相手も多い。そんな時、彼はメガデウス・ビッグオーを持ち出し、力に力で対抗する。

そんなある日のこと、ロジャーはひとつの依頼を受ける事になる。令嬢誘拐犯とのネゴシエイトという、彼にとっては朝飯前の依頼であったが……。 やがて彼はこの世界の謎と向かい合い、過去のメモリーと相対することになる。パラダイムシティを支配するアレックス、謎の女エンジェル、存在するはずのない「異国」… ビッグオーとロジャーとの関係が深みを帯び始め、主人公であるロジャー、アンドロイドであるドロシー、全ての登場人物が自分を取り巻く世界を信じられなくなった時、ロジャーはこの謎だらけの世界と対峙するのだった…。

 

Written by admin

One thought on “The Big-O

Comments are closed.

Download it free from the WordPress Repository

Join Now