マシンロボ クロノスの大逆襲

無名紅色死神 Robots マシンロボ クロノスの大逆襲
マシンロボ クロノスの大逆襲

Robots

マシンロボ クロノスの大逆襲

Posted By admin

Machine Robo,在台灣翻成”劍狼傳說”,似乎也有很多部作品,這一架倍功夫是最近出的超合金魂的版本。

在機戰MX裡面是我心目中的主角,每次羅姆出場總是搭配著專屬的音樂跟畫面,加上一些開場白,真的是超熱血的。是合體機器人,合體方法也蠻奇特的,從剛開始的羅姆,外面包一層機器人變成”劍狼”,再合體一次就是倍功夫了,雖然我總是很懷疑這種合體方式要行動好像有點問題。還有一部台灣翻成黑豹傳奇的動畫也是這種合體方式。

射程不長大概是倍功夫最大的問題,在運命兩斷劍拿到之前打王還蠻辛苦的,有的時候懶得合身,用劍狼的大絕招,射程反而還遠一點,但每次運命兩斷劍的動畫真的是超棒的,Q版跟正常比例的切換換的恰到好處,加上熱血的對白,我想喜歡這部機體的人應該不少吧。

在日文wiki的介紹。

概要
マシン生命体の星クロノスには、永遠の命を司どるとされるエネルギー源「ハイリビード」が眠っていた。それを狙う悪党ガデス率いるギャンドラー一味と、彼らに立ち向かうロム・ストールとレイナ・ストールの兄妹、ブルー・ジェット、ロッド・ドリル、トリプル・ジムの一行との戦いを描く作品。

ミクロマンがブームになれば自社でもベータミゼットなる類似コンセプトの商品を発売するという風に、タカラの方法論を積極的に自社戦略に取り入れてきたバンダイだが、大ヒット商品『トランスフォーマー』の方法論を取り入れた玩具が『マシンロボ』である。

本作の放映前の1985年にマシンロボは大きな売上を記録。1986年のバンダイの「最重点商品」と位置づけられた。本作はその人気の起爆剤となることを期待されて放送された。「エネルギーを狙う悪vsそれを阻止せんとする善」という構図等、トランスフォーマーとの類似点も確かにあるものの、物語の骨子は大きく異なる。トランスフォーマーは主人公不在の群像劇であり、二つの種族の長きに亘る民族紛争を背景とするのに対し、本作は明確な主人公が存在し、悪の侵略に立ち向かうというヒーローものに近い背景を持っている。

本作の30分前の木曜19時に放映されていた『北斗の拳』が大ヒットしていた時期だけにそのコンセプトを取り入れ、主人公のロム・ストールは「天空宙心拳」の使い手と設定された。日本語としてはしばしば意味が通らなかったり、前後の脈絡がつながらない主人公ロムの常軌を逸した「決め台詞・名言」(『貴様らに名乗る名前はない!』『人、それを~と言う』など)や、妹のレイナ・ストールが(番組の視聴率自体はけして高いとはいえないものの)一部のファンに熱狂的に支持された。一方中盤以降はマシンロボ軍団とギャンドラー軍団の一大戦争に発展するという、より一層トランスフォーマーに近づけた作劇にシフト。アクションやメカ描写がさらに強調されることとなった。ただし書籍『不滅のスーパーロボット大全』によれば、本作放映後から玩具売り上げは急落。次作「バトルハッカーズ」終了とともに、不人気のためいったんマシンロボブランドは消滅、20年近く雌伏を余儀なくされることとなるという不名誉な結果に終わった。また皮肉なことに本作の製作会社である葦プロ(現・プロダクションリード)は後に『ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー』の製作を手がけることとなる。

姉妹編の「ぶっちぎりバトルハッカーズ」では、「伝説の戦士」としてケンリュウやバイカンフーのエピソードが「過去にあったこと」として語られているが、最終的にそれは「捏造」だったという、本作と直接的にはつながらない設定になっている。

後に『スーパーロボット大戦シリーズ』に参戦、原作で多く使われたロムの前口上及び登場シーンの演出は回を追うことに強化されている。

Written by admin

2 thoughts on “マシンロボ クロノスの大逆襲

Comments are closed.

Download it free from the WordPress Repository

Join Now