Category: Robots

機器人

Robots

機器人

Posted By admin

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

這個系列是我堅持要完全用手稿,不用電腦修線稿的系列,不過後來有偷偷修一張,真的是整個就變的很漂亮阿。

Read More
勇者萊丁

Robots

勇者萊丁

Posted By admin

勇者萊丁在機戰裏也算是一個強力的機體,遠古時代的姆大陸留下的科技,在現世還是很強,用不完的招式跟一直進化的大絕招是他的特色,可是長的不得我心加上音樂很俗,也一直都是我心中的雞肋機體之一。
射程很遠是他的特色,跟同是設定為姆大陸遺留下來的翼神世音,在MX裡有一起參戰過,音波攻擊跟射弓箭是共通的攻擊方式,兩者有很多相似點,但造型跟音樂就差很多,我想這也是時代的眼淚吧。
勇者萊丁是富野老頭第一部執導的作品,不過卻在播放到一半被換了下來,但也因為前半的收視明顯比後半好,也才有機會讓富野老頭在之後奠定起他的地位。
高度:52M   重量:50T

Read More
天元突破 愚連裸顏

Robots

天元突破 愚連裸顏

Posted By admin

熱血到不行的動畫天元突破,讓我們用鑽頭來鑽破天空吧!!

Read More
Robots Slide Show

Robots

Robots Slide Show

Posted By admin

新世紀福音戰士

Robots

新世紀福音戰士

Posted By admin

我一直認為福音戰士是一部很賊的作品,因為一開始他的機器人戰鬥很熱血,讓大家覺得他繼承了日本巨大機器人動畫的血統,但到了中後期之後,福音戰士對人物心理的精神分析式的描寫,撲朔迷離、龐大複雜的故事情節,若干宗教、哲學、精神分析學符號的運用,都使得它在日本國內和國際上引起了巨大反響和爭議,並成為日本動畫史上的一座里程碑。也因此確立了他在動畫史上的地位,加上不斷發行的周邊商品,惡搞不斷的經典片段,我常戲稱他為”新世紀騙錢戰士”。
在還沒看福音戰士之前,我只是覺得他的機體很醜,不過在電視上映後(當時首播的是衛視中文台,短短的兩天首播加重播播了五次,我也兩天看了五次),漂亮的畫風加上熱血的戰鬥畫面,很快就讓我忽略了機體的造型而愛上這部作品,到後來反而覺得機體很有特色而覺得還蠻帥的。
福音戰士應該也是史上唯一一架出陣要插電纜的機器人,在機器人大戰裡一開始因為插電纜很不方便而不大實用,不過到後來的機戰幾乎都讓機體裝載了S2機關,才讓整個實用度大幅提升,不過老實說我福音戰士都是用來當肉盾用的,因為他沒有華麗的必殺技可以看,但是擁有最強防護罩可不能這麼浪費阿。
那個年代的福音戰士模型的可動性就已經很高了,拜他機體設計的樣子所賜,那個貓背的造型可是完成了很多大多數機器人所做不到的脊椎可動性,我家也有零號機到三號機四架機體,加上後來出的初号机F type就有四架,而這張圖的配色則是最近新劇場版的配色。
2000年過去了,沒有第二次衝擊讓我很失望,可是福音戰士還是一直實行他的新世紀騙錢計畫(爆)。
wiki關於福音戰士的詳細介紹。
故事簡介
 
EVA二號機蹲在拉梅奇號飛彈驅逐艦上2000年,一個科學探險隊在南極洲針對被稱作「第一使徒」亞當的「光之巨人」進行探險。在對其進行接觸實驗時,「光之巨人」自毀,從而發生了「第二次衝擊」,進而導致世界大戰。最後,人類人口減半,地軸偏轉、氣候改變。根據對「第二次衝擊」的調查,聯合國在日本箱根成立人工進化研究所(即GEHIRN)從事EVA(指機器人)的發展研究,後GEHIRN利用在人工進化研究所下方發現的巨大空洞建造了總部。
另一方面,聯合國下屬秘密組織SEELE為了使人類進化,開始實行人類補完計劃,就是將所有人的靈魂彙集在一起,通過中和每個人的AT力場,使每個人回歸LCL之海。
2004年,EVA初號機進行啟動試驗時發生事故,碇真嗣的母親碇唯消失,碇源堂開始執行「碇源堂版本的人類補完計劃」。2010年,GEHIRN被改建成NERV。
2015年開始,根據SEELE人類補完計劃劇本的安排,一種不明巨型生物「使徒」開始在日本登陸,並向NERV總部進攻,NERV組織EVA消滅使徒。在NERV與使徒作戰的同時,碇源堂秘密地執行它自己的計劃。隨著時間推移,碇源堂的計劃逐漸被SEELE發現,NERV與SEELE產生了矛盾並不斷惡化。這一矛盾在電視版中沒有得到解決。在劇場版中,NERV于SEELE的矛盾激化,SEELE訛稱NERV企圖引發第三次衝擊,挑動國聯派出軍隊抹殺NERV,在國聯部隊佔領了NERV後,SEELE隨即根據死海文書的預言發動了第三次衝擊。全人類全部化為LCL之海,只有碇真嗣和明日香留了下來。
 
NERV的標誌。寫作:
「God's In His Heaven, All's Right With The World.」。出自羅勃特·白朗寧的詩劇《皮帕走過》。在《EVA》語境下通常譯為:「神不為者,人為之。」同時又可譯作:「神在天上,天下太平。」這部動畫片還有另一個結局,被稱作「電視版結局」,主要描寫了主角(特別是真嗣)的內心的反省。電視版的結局相當清楚:真嗣最終跨越了內心的障礙。但是補完最終是否發生仍然未說明。到現在為止,關於《The End of Evangelion》(下稱《EoE》)是否是電視版25、26話的補充或替代,以及《EoE》中許許多多象徵符號的真實含義,還有很多爭論。
 

Read More
マジンカイザー

Robots

マジンカイザー

Posted By admin

無敵鐵金剛的地位在日本機器人動畫史上,絕對是不可動搖的,在機器人大戰F完結篇初登場,讓蓋特、魔神跟鋼彈系列這機器人動畫史上最重要的作品,終於都可以使用到最後,不然以前沒有魔神凱薩跟真蓋特時,玩到機戰後半段鐵金剛跟蓋特G絕對都是被冰凍起來的機種呢。
凱薩跟真蓋特都是原本動畫作品裡面沒有,因為機戰的關係才又出OVA的動畫,機器人大戰也帶動新舊的日本機器人動畫產業,不管是最近的舊作重製,或是出個不停的各種版本的機器人模型、盒玩..等。只能說日本人真的很會動腦筋做這種生意。
機器人動畫史上第一架由人類在裡面駕駛的巨大機器人,第一架會不斷武裝進化的機器人,第一架有大絕招跟使用劍的機器人,都是鐵金剛在日本機器人史上奠定的典範,機戰的每一代對凱薩也都有厚愛,不管是超厚的裝甲、超省能源的大絕招跟戰鬥畫面的魄力表現,都讓人對他愛不釋手。
凱薩讓鐵金剛系列有了新生命,跟惡魔一樣的外型跟真蓋特有異曲同工之妙,”有了魔神Z,可以是神,也可以是惡魔,但有了魔神凱薩,你可以超越神!!” 這就是男人的浪漫阿。
在日文wiki的介紹。
解説
1997年に発売されたTVゲームソフト『スーパーロボット大戦F完結編』において、ゲッターロボシリーズの真ゲッターロボの位置づけられるゲームオリジナルロボットとして初登場した。その際にテーマ曲が製作されシングルCDも発売されたが、ゲーム中で使用されることはなく、後に発売された『スーパーロボット大戦α』で初めて使用された。
ゲーム内のみのオリジナルロボットであったが、スーパーロボット大戦シリーズでの出演を重ねるうちに映像化が望まれ、2001年にOVA版『マジンカイザー』全7巻が、2003年には続編である『マジンカイザー 死闘! 暗黒大将軍』がリリースされた。また、幾つかのテーマソングも作曲されており、歌はマジンガーシリーズの歌を熱唱し続けた水木一郎が担当。
当初の設定では、ゲッター線を浴びた事でマジンガーZがマジンカイザーに進化したことになっているが、多くのファンがマジンガーZ、グレートマジンガーの2体と共に活躍するのを希望したため、後に発売された『スーパーロボット大戦α』では設定を大幅に変更。マジンガーZよりも以前に開発されたプロト・マジンガーZが自己修復と自己進化でマジンカイザーに生まれ変わった姿とされた。『UFOロボ グレンダイザー』とのゲーム内での競演は未だに実現した事がない。(このことについて寺田プロデューサーはたまたまであると語っている)
「カイザー」とはドイツ語で皇帝のことであり、そのために「魔神皇帝」との別名がある。
双葉社刊『スーパーロボット大戦F完結編コミック』に掲載された漫画(ストーリー原案:団龍彦(ダイナミックプロ)、作画:丸山功一)や小説『スーパーロボット大戦(ゲームとは無関係)』ではライバルとして、あまりの邪悪さに兜十蔵博士が封印した禁断のマジンガー「デビルマジンガー」が登場しているが、此方はOVAシリーズや(ゲームの)スーパーロボット大戦シリーズには未登場。なお、「デビルマジンガー」の名前は『スーパーロボット大戦F完結編』ではマジンカイザー自体の別名として設定されていた。
 

Read More
絶対無敵ライジンオー

Robots

絶対無敵ライジンオー

Posted By admin

講到雷神王,那可是我小時後的回憶阿。小時候有印象的機器人動畫有三部,分別是魔動王、魔神英雄傳跟絕對無敵,國小的畢業紀念冊我還甚至把偶像寫日向仁,就知道那時候有多迷了。
詳細的介紹在wiki百科裡面有,我在這邊就不作贅述了。在機戰GC跟XO登場是讓我很驚訝的事情,沒想到除了勇者系列的勇者王,藍光人系列的絕對無敵也在機戰登場了,雖沒有機會去玩,但如果有機會玩的話,應該也是我當然的主役機吧,小時候真的很想說可以駕駛機器人保護地球是很棒的事阿..XD

Read More
マシンロボ クロノスの大逆襲

Robots

マシンロボ クロノスの大逆襲

Posted By admin

Machine Robo,在台灣翻成”劍狼傳說”,似乎也有很多部作品,這一架倍功夫是最近出的超合金魂的版本。
在機戰MX裡面是我心目中的主角,每次羅姆出場總是搭配著專屬的音樂跟畫面,加上一些開場白,真的是超熱血的。是合體機器人,合體方法也蠻奇特的,從剛開始的羅姆,外面包一層機器人變成”劍狼”,再合體一次就是倍功夫了,雖然我總是很懷疑這種合體方式要行動好像有點問題。還有一部台灣翻成黑豹傳奇的動畫也是這種合體方式。
射程不長大概是倍功夫最大的問題,在運命兩斷劍拿到之前打王還蠻辛苦的,有的時候懶得合身,用劍狼的大絕招,射程反而還遠一點,但每次運命兩斷劍的動畫真的是超棒的,Q版跟正常比例的切換換的恰到好處,加上熱血的對白,我想喜歡這部機體的人應該不少吧。
在日文wiki的介紹。
概要
マシン生命体の星クロノスには、永遠の命を司どるとされるエネルギー源「ハイリビード」が眠っていた。それを狙う悪党ガデス率いるギャンドラー一味と、彼らに立ち向かうロム・ストールとレイナ・ストールの兄妹、ブルー・ジェット、ロッド・ドリル、トリプル・ジムの一行との戦いを描く作品。
ミクロマンがブームになれば自社でもベータミゼットなる類似コンセプトの商品を発売するという風に、タカラの方法論を積極的に自社戦略に取り入れてきたバンダイだが、大ヒット商品『トランスフォーマー』の方法論を取り入れた玩具が『マシンロボ』である。
本作の放映前の1985年にマシンロボは大きな売上を記録。1986年のバンダイの「最重点商品」と位置づけられた。本作はその人気の起爆剤となることを期待されて放送された。「エネルギーを狙う悪vsそれを阻止せんとする善」という構図等、トランスフォーマーとの類似点も確かにあるものの、物語の骨子は大きく異なる。トランスフォーマーは主人公不在の群像劇であり、二つの種族の長きに亘る民族紛争を背景とするのに対し、本作は明確な主人公が存在し、悪の侵略に立ち向かうというヒーローものに近い背景を持っている。
本作の30分前の木曜19時に放映されていた『北斗の拳』が大ヒットしていた時期だけにそのコンセプトを取り入れ、主人公のロム・ストールは「天空宙心拳」の使い手と設定された。日本語としてはしばしば意味が通らなかったり、前後の脈絡がつながらない主人公ロムの常軌を逸した「決め台詞・名言」(『貴様らに名乗る名前はない!』『人、それを~と言う』など)や、妹のレイナ・ストールが(番組の視聴率自体はけして高いとはいえないものの)一部のファンに熱狂的に支持された。一方中盤以降はマシンロボ軍団とギャンドラー軍団の一大戦争に発展するという、より一層トランスフォーマーに近づけた作劇にシフト。アクションやメカ描写がさらに強調されることとなった。ただし書籍『不滅のスーパーロボット大全』によれば、本作放映後から玩具売り上げは急落。次作「バトルハッカーズ」終了とともに、不人気のためいったんマシンロボブランドは消滅、20年近く雌伏を余儀なくされることとなるという不名誉な結果に終わった。また皮肉なことに本作の製作会社である葦プロ(現・プロダクションリード)は後に『ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー』の製作を手がけることとなる。
姉妹編の「ぶっちぎりバトルハッカーズ」では、「伝説の戦士」としてケンリュウやバイカンフーのエピソードが「過去にあったこと」として語られているが、最終的にそれは「捏造」だったという、本作と直接的にはつながらない設定になっている。
後に『スーパーロボット大戦シリーズ』に参戦、原作で多く使われたロムの前口上及び登場シーンの演出は回を追うことに強化されている。

Read More
冥王計画ゼオライマー

Robots

冥王計画ゼオライマー

Posted By admin

 
“冥王計畫傑歐萊瑪”是一個有些無言的OVA作品,短短四集的故事,沒有讓八卦眾可以完全表現,稍嫌笨重的機體,雖然動作不是很動感,卻是破壞力十足,在機戰MX裡是我方超強的機體之一,地圖兵器的攻擊讓他在短短幾話內變成我的top王牌,該說是真的很強還是所謂的初登場威能呢,不過老實說機戰MX難度不高也是事實。


日文WIKI關於冥王計画ゼオライマー的介紹。
概要
内容としては、巨大ロボットと美少女が登場する良くあるタイプの体裁を採っているが、作者としては壮大な設定とストーリー構想をもっていたらしく、作中に様々な伏線を張っていた。しかし諸般の事情で、連載は半ば打ち切りに近い状態で終了した(単行本化に当たっては、連載時の伏線要素等は削除されている)。
2007年4月19日発売の「月刊COMICリュウ」2007年6月号より、3ヶ月連続で『冥王計画ゼオライマー 最終章』(前・中・完結篇の3部構成)が短期集中連載され、およそ23年に渡る物語に完全な形での終止符が打たれ、その後、完全版の単行本が発売された。なお、同誌では2008年11月号から、生誕25周年記念として新シリーズ『冥王計画ゼオライマーΩ(オメガ)』(原作:ちみもりを、作画:ワタリユウ)の連載が開始されている。
1988年から1990年にかけて全4巻構成でOVA化されたが、こちらは18禁要素をほぼ排除した上で、基本設定のみを流用した別作品となっている。1997年にはLD、2000年にはDVDにおいて全4話を収録した『冥王計画ゼオライマーコンプリート』 が発売された。根強いファンを持つ本作は2004年にDVDの再発売が行われており、2008年には「生誕20周年」を銘打ってBlu-ray Discソフトが発売される(発売元は東芝EMIからバンダイビジュアルに移っている)。
その後年、OVA版の設定で2004年には『スーパーロボット大戦MX』に、2005年には『スーパーロボット大戦J』に出演。発表当初未設定だった一部の設定(次元連結砲の名称等)を、この際に作り起こしている。

漫画版
冥王計画ゼオライマー
ジャンル SFロボットアダルトコミック
漫画
作者 ちみもりを
出版社 久保書店
徳間書店(最終章のみ)
掲載誌 レモンピープル
月刊COMICリュウ(最終章のみ)
レーベル WORLDコミックス(久保書店版)
発表期間 レモンピープル1983年10月号 –
月刊COMICリュウ2007年8月号
巻数 全1巻(WORLDコミックス)
Read More

TRANSFORMERS

Robots

TRANSFORMERS

Posted By admin

變形金剛來囉!!

Read More