GIANT ROBO

GIANT ROBO

Robots

GIANT ROBO

Posted By admin

可以說是日本巨大機器人之父橫山光輝的作品”GIANT ROBO”,故事敘述在近未來的時代,人類發現了一種新的能源,名為靜間能源。靜間能源是一種乾淨而且看起來似乎都沒有副作用的能源,所以很快的就取代了地球上所有的能源。但是由於其發現者靜間博士的兒子幻夜,為了替他父親報仇而跟BF團合作,他意圖利用所謂的”反靜間裝置”停止了地球上的所有靜間裝置,由於人類已經太依賴靜間能源,所以地球上幾乎就陷入了沒有運作的狀態,這也就是副標題”地球靜止之日”的由來。

故事裡面的角色都是橫山光輝作品裡的角色,像是與BF團對抗的國際警察組織的總部叫梁山泊,想當然耳裡面的很多角色都是水滸傳裡的人物,而BF團的參謀更是赫赫有名的諸葛孔明,不過這部作品實質上算是紀念橫山光輝的作品,劇情上都是由今川泰宏設定的。動畫裡的戰鬥畫面非常的精采,明明裡面的人一副就是都可以空手打爆機器人的狠角色,卻都沒有正面與GIANT ROBO交手,機器人的戰都都還是機器人之間自己解決,不然出現像G鋼彈裡的”空手打爆鋼彈”應該也是很熱血的..XD

玩過出現在alpha上的GIANT ROBO,我第一眼就很喜歡他, 所以很自然的就變成了我的愛將,在前一陣子也看完了他的動畫,配樂跟故事上都是很棒的一部作品,也是很推薦去找來看看的。

全高30m,重量1500t,大作呼叫GIANT ROBO後ROBO低沉的發出”Oooohn”的聲音,是我認為GR-1很有魅力的地方。


日文WIKI關於ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日的介紹。

概要
タイトルは特撮テレビ番組『ジャイアントロボ』を原案とし(横山光輝の漫画版もある。ただし、厳密にいえば作画等は別人が担当している)、主人公、主役機体もそちらから選ばれている。本作はロボットアニメに分類されるものの、超人格闘シーンも大きな魅力である。また、父と子の絆という点にドラマ性を持たせている。サブタイトルの「地球が静止する日」は、1951年に公開されたアメリカのSF映画、『THE DAY THE EARTH STOOD STILL』の邦題である『地球の静止する日』から採られている。

横山光輝作品の様々なキャラクターが登場(スター・システム)し、ドラマを繰り広げる。しかしながら原案からの敵味方関係の逆転が多く、元々善の主人公のバビル2世が敵首領「ビッグ・ファイア」になる一方、逆に敵役ヨミが主人公側トップ「黄帝・ライセ」になったり、十傑集の中では敵味方が協力する間柄になっていたりする。

大御所揃いの声優陣による熟練の演技は、ファンの厚い支持を受けた。非常に丹念に作りこまれた作画は、総じて現在の水準から見ても極めて高いレベルである。また、原画・演出においても革命的な進化を遂げており、日本のアニメーションシーンを本作以前・以降と分けても良いほどだ。

天野正道が作曲し、ワルシャワ・フィル(常任指揮者でもあった)によりフルオーケストラで演奏された音楽も、予算面で制作が難航する一因になったが、総じて高い評価を受け、のちに交響組曲「GR」として管弦楽・吹奏楽による編曲もされた。特に吹奏楽版『交響組曲第2番「GR」より』、『「GR」より シンフォニック・セレクション』などは、現在でも吹奏楽コンクールなどで高い人気を博し、しばしば演奏されている。全7作それぞれにすべて異なる楽曲が作られた一方、(外伝を除き)一曲も主題歌・挿入歌がない。反面、作画及び音楽へのこだわりが資金面・製作時間的に完結まで長期間を要する原因となった。

ストーリー
シズマ博士が開発した、完全無公害・完全リサイクル可能な夢のエネルギー源、シズマドライブの恩恵で、未曾有の繁栄を迎えた人類。しかし、争いの種は尽きなかった。世界征服を企む秘密結社BF団と、それに対抗するため組織された国際警察機構が世界の裏面で激しい闘いを続けていたのだ。国際警察機構側の九大天王を筆頭としたエキスパート達、BF団側の十傑集を筆頭にしたエージェント達が争う中、エキスパートの一人である草間大作は、父の形見である巨大ロボット、ジャイアントロボを操り、人類の未来と平和のためにBF団と戦っていた。

冒頭BF団に追われ、黒いアタッシェケース(比喩。実際には茶色。ただしタイトル等で「黒い」とされている。鮎川ミステリの影響と思われる)を抱えて逃走するシズマ博士。シズマ博士は間一髪のところで国際警察機構のエキスパートとジャイアントロボに助けられた。彼が持っていたアタッシェケースには、当時知られていたシズマ管とは似て非なる謎のシズマ管が収められていた。

一方、パリでは、地表の異様な盛り上がりと周辺地域のエネルギー停止現象が発生。それは昔、バシュタールの惨劇で観測されたエネルギー中和現象と同じものであると思われた。現場調査に当たっていたエキスパート、村雨健二は現象の中心に巨大な建造物を発見する。それこそ、BF団によって製造された、大怪球フォーグラーであった。

謎のシズマ管をめぐって国際警察機構とBF団が中国を舞台に争っている間に、再びエネルギー中和現象が発動される。照明が光を失い、あらゆるシズマドライブが沈黙する中、ジャイアントロボは活動が可能であった。すでにシズマドライブ以外の動力は死滅していたという状況下、どのようにしてあの巨大なロボットが動いているのだろうか。

ジャイアントロボは忌むべき動力機関として人類が記憶から消し去ろうとしていた原子力を利用していたのである。このことは秘匿されていることであり、はからずもエネルギー中和現象によって露見することとなった。

Written by admin

Comments are closed.

Download it free from the WordPress Repository

Join Now