勇往直前 GUNBUSTER

無名紅色死神 Robots 勇往直前 GUNBUSTER
勇往直前 GUNBUSTER

Robots

勇往直前 GUNBUSTER

Posted By admin


勇往直前!!

看過動畫的都知道GUNBUSTER真的是一具超強的機體,合體後數萬數億隻的宇宙怪獸都不看在眼裡,記得以前看過人家把日本機器人強度做一個排行榜,他是名列第二的,第一則是長的很像GM可是卻又很強的伊甸王。

機戰裏面改弱了很多,如果像動畫裡那麼強那敵人也甭玩了..- -,只可惜每次參戰的作品都要到很後面才會加入就是了。

上吧,超級閃電踢!!


日文WIKI對於トップをねらえ!』(GunBuster)的介紹。

概要
ビデオ1巻につき2話収録。VHS、ベータマックス、LD、VHD、ビデオCDの5方式にて各全3巻リリース。のちに『新世紀エヴァンゲリオン』の監督となる庵野秀明が初監督を務めた。当然カラー作品だが、最終回の第6話はあえて白黒にする事で視聴者に印象を深く残させた上、感動のラストシーンへと繋ぐ構成となっている。このラストは企画段階ですでに構想されており、庵野と岡田は「これならいける」という確信があったという。

そもそも本作品はガイナックス第1回製作アニメ『王立宇宙軍〜オネアミスの翼』の興行不振により生まれた借金を返済する為に作られた(本来、ガイナックスは『王立~』だけを制作して解散するはずの組織だった)。秀作ではあったが地味目の作風がアニメファンへ受けが悪かった『王立~』の反省を踏まえ、この作品では、キャラクターデザインに当時『超時空要塞マクロス』などで人気のあった美樹本晴彦を起用、アニメ『エースをねらえ!』や映画『トップガン』を始めとする往年の作品のパロディ的な構成(題名は両作の合成)とし、昭和時代の名作アニメ・特撮作品に対するオマージュを盛り込むなど、あからさまなまでにファンの受けを意識した作風となった。この結果、狙い過ぎとの批判も生んだ(過多に露出されたデザインの戦闘服や妙に揺れる胸、不必然に多数挿入される女性の裸体シーンなど)ものの、思惑通り大多数のアニメファンに歓迎され、ビジネスとして成功している。

受け狙いのみならず、映像作品においては存在しないものとして扱われる事の多いウラシマ効果を積極的にストーリーに取り入れるなど、根底には(後の庵野作品にも通じる)重厚なSF描写や細かい科学設定があり、21世紀に入ってもなお根強い人気を誇っている。日本国外では正式なリリースはされなかったものの、私的に入手するなどした他国のアニメファンなどからも高い評価を受けた。

発売当時の宣伝等では主人公であるタカヤ・ノリコとその声優である日高のり子、そしてオープニングテーマ『アクティブ・ハート』・エンディングテーマ『トライAgain…!』を歌っている当時はアイドル歌手だった酒井法子の「トリプルノリコ」を売りにしていた。岡田斗司夫によれば、当初は酒井にノリコ役を演じることも依頼しようと検討されていたらしい。

第5話の合体したガンバスターによる戦闘シーンの収録は「絶叫で喉がつぶれてもいいように」との理由から、必殺技名を叫ぶシーンのアフレコだけが敢えて最後に回された。第5・6話の他シーンの収録が終わったあと、一部の関係者が居残ってアフレコが行われた。監督の庵野秀明はスタジオ内に入り、日高の目の前で「自ら必殺技名を絶叫してみせる」という体当たりの演技指導を行った。汗だくで息も絶え絶えにベンチに倒れ込んだほど熱を入れて指導する庵野の姿勢に、日高は奮起して更に真剣にアフレコに臨んだという。同席していた佐久間レイや川村万梨阿は「本当に血と汗と涙のアフレコ」「収録の後は(日高から)エクトプラズムが出ていた」と証言している。現場の凄まじい雰囲気が伝わるエピソードである。

なお、登場人物の名前はスタッフやガイナックス関係者に近しい人々の名前から取られているものが多い。例えば主人公のノリコは絵コンテ・設定を担当した樋口真嗣夫人で当作品の美術スタッフ・高屋法子から。オオタコーチは岡田斗司夫の友人である漫画家・みんだ☆なお(眠田直)の本名・太田宏一朗(ただし眠田は自分のプロフィールでは本名を公開していない)からなどである。

ストーリー
人類が宇宙に進出するようになった時代、地球は宇宙生物群(通称・宇宙怪獣 (STMC))による激しい攻撃を受けていた。その脅威に打ち勝つため、地球はマシーン兵器の後継機であるバスターマシン「ガンバスター」を製造。その搭乗員に選ばれたトップ部隊隊員の一人であるタカヤ・ノリコの双肩に人類の未来がかかる。

 

Written by admin

Comments are closed.

Download it free from the WordPress Repository

Join Now